きょうとで育児にっき。

京都在住アラサー2児母の記録

最初の壁。

初めての育児は分からないことだらけのスタート。

 

授乳が最初の壁だった。

 

母乳の出が芳しく無かったものの、ミルクの量が分からずなんとなくやっていたら生後2週間検診でまさかの体重減少。

 

当然1ヶ月検診でも指摘され、2868g産まれた娘は成長曲線から外れてしまった。。。

 

たぶん、母乳1本でやっていきたい気持ちがどこかにあってミルクを足すのを躊躇っていたのだと思う。

 

猛省した私は助産師さんの指示通りに授乳後にミルクをしっかり足すことにした。

 

その結果、娘の体重は1日50gペースで増え始めた。

 

けれどズボラな性格のため、ミルク作りが面倒で桶谷式に行って母乳の出を良くしてもらって母乳1本にしたい!と思い始め、近所の母乳外来に通うことにした。

 

助産師さん曰く「胸の筋肉がついてるから胸が張り付いてて母乳が出にくい、これは出るまでに時間がかかる」との事。

 

さらに「ミルク足して50gも増えるのはちょっと増えすぎだから授乳回数増やしてミルクはあげないで様子を見ましょう」と言われた。

 

で、言われた通りに実行した結果、体重減少。。。

 

24時間ほぼ授乳してるのに何で…?こんなに頑張ってるのに…つらすぎ!!

 

授乳に意識をとられすぎてスーパー産後うつ状態に突入。

 

たまたま来た、新生児訪問の保健師さんに相談したら、

 

「そこの母乳外来ね、最近行った他のおうちでもちょっと不審に思って行かなくなった、って話してたお母さんがいてね、、、ちょっとどうかなって思うんです」って……

 

え、えぇー!!

 

そこの母乳外来の助産師さん、母乳飲ませる前と後とで体重測って飲んだ量見ようとしてるお母さんに、

 

「それ、あんまり意味無いよ。飲むのにもエネルギー使うし、その分減るから正確には測れないからね」って言ってて、それも自分の中ですごく引っかかってたから、

 

速攻で仮病使って予約キャンセルして行くのやめました。

 

他にも母乳が詰まるから和食しかアカンよ!ってしつこく言われたりして、桶谷は私には合わなかったみたい。

 

年末年始に授乳中でも粗食にしなくていい。

yasumi-08.hatenablog.com

↑小児科医の森戸やすみ先生のブログ。著書も読んだけど母乳と食べ物は関係ないって書かれてた。

 

 

結局、母乳1本は完全に諦め混合にしたものの、哺乳瓶の方がゴクゴク飲めるからか軽い母乳拒否になり6ヶ月の時に完全ミルクへ移行。

 

完ミにしたら、飲む量が見えるから時間決めてあげるだけだし楽!!一気に気持ちが軽くなった。

 

ご飯をモリモリ食べるので10ヶ月でミルクも卒業。

 

現在(11ヶ月)体重8700gと成長曲線ど真ん中。

 

あっさり母乳をやめたからか、断乳とか卒乳とかの大変さを味わわなくて済んだしラッキー♪と今はすごく感じる。。。

 

夜もぐっすり眠れてるし。

 

ミルクだとブクブクに太る、とか言う人もいるけれど娘は引きしまった小柄ちゃんだし、母乳をガンガン飲んでる子の方がブクブクしてる様な気がする…(私だけ?)

 

なので完母にならなくて悩んでいる人がいたら、完ミもなかなか悪くないよ!と声を大にして言いたい。