きょうとで育児にっき。

京都在住アラサー2児母の記録

映画三昧。

お正月満喫中。

去年の今日は出産予定日だったけど、まだだからってまた2日後に来てねって言われた日。

大雪降ってたのに、今年はめちゃ暖かい。どうなってんの。



久々に映画2本、録画してたやつ観た。

『ポテチ』と『すーちゃんまいちゃんさわこさん』

どちらも正月にゆるっと観るにはピッタリの映画だった。


『ポテチ』は前に1回観たの、夫に観てる途中で指摘されて気づいた。。。

面白い映画でもダラッと観てるせいか、時間が経つと何となくしか頭に残ってない。

ある意味、何回も楽しめてお得な脳なのかもしれない。

今ブレイクしてる女優さんが色々出ててそこも見てて面白かった。


『すーちゃん…』は初めて観たけど今の私に刺さるストーリーだった。

人生の岐路に立たされる女の人たちのおはなし。

岐路、というか結婚するかどうかみたいな事がテーマになってた。

まいちゃんが「結婚して子供生んだら自分がいなくなるような気がする」って言ってた。

分からんでもないけど、私はそういう風に思ったことなかったな。

子供を産もうがどうしようが人って日々変化していくモノだと思ってるから。


ドンパチする映画は観てて疲れるからあんまり好きじゃないし、ゆる系邦画は大好物。

結婚する前、夫と知り合う前はよく1人でレイトショー観に行ったりしてたなぁ。

夫も映画観るタイプだから付き合ってからは2人で行くようになったけど。

妊娠中に「産まれたら映画とか行けないから行っておいた方が良いよ!」って散々言われたけど、

観たい映画もないのに行ってもな、とか思って全然行かなかったからもう2年くらい行ってないかも。

4月公開の『モヒカン故郷に帰る』が今一番観たい。

沖田修一監督の作品、『南極料理人』も『キツツキと雨』も面白かったし。


久々に映画観たら非常に楽しかったので何かDVDでも借りてこようかしら。。。